2017年11月30日木曜日

俳句集団【itak】第34回イベントを終えて


俳句集団【itak】第34回イベントを終えて

~アイヌ文化の伝承活動とその表現方法~
 
『ヤイェ イソイタ  ワ(自らについて話しますよ)』 

~文学館にカムイの風が吹いた~
 
五十嵐秀彦
 

 
遅くなりました。
俳句集団【itak】の第34回イベントは11月11日に無事終了いたしました。
参加者数は第1部企画に71名、第2部句会に60名という大入りとなりました。
さて、71名という大台を記録した第1部は「ヤイェ イソイタㇰ アㇱ ワ(自らについて話しますよ)~アイヌ文化の伝承活動とその表現方法~」
当会旗揚げ当初からいつかやりたいと考えていた待望のアイヌ文化企画です。


まず登場したのが川上竜也さんと川上将史さんのお笑いコンビ「ペナンペパナンペ」。
いきなり下ネタのアイヌ笑話からスタート。
そのヘタウマな絵も含め一気に会場の人々の心を掴んでしまいました。
講演とコントの波状攻撃で、笑いととともに現在のアイヌ民族の生き方や表現のあり方についてその一端を知ることができたようです。

次に登場したのが「Nin cup(ニンチュプ)」のボーカリストでアイヌ文化伝承者の豊川容子さん。この人の歌声にいきなり一同茫然自失!
北海道に生まれ育ったはずの私もこんな凄いアイヌ音楽を聴いたことがありませんでした。初めて聴くホンモノ!
発声そのものが一般の歌唱とあきらかに異なる素晴らしい歌声に感動と衝撃を受けました。
北海道の深い森の奥に棲む神々がこの日、北海道文学館講堂にやって来た。そんな素晴らしい体験でした。参加者全員が聞き惚れてしまいました。


そして終盤には踊る【itak】状態に(笑)。

アイヌ文化の奥深さを垣間見る一日となりましたし、今後も俳句集団【itak】はアイヌ文化への理解と、活動への協力をしていこうと思ったのでした。


第1部終了後、一本のビデオレターの撮影をしました。
それは来年7月に予定されている「藍生×【itak】」コラボイベントの告知ビデオ。
11月18日に東京で開催される結社「藍生」(
黒田杏子主宰)の27周年のつどい会場で上映するためのものです。
豊川容子さんのご協力を得て、【itak】の仲間たちによる参加呼び掛けのビデオレターが撮影できました。後日聞いたところでは東京での上映は大変好評だったようです。


黒田杏子さんからもその後わたしに、来年はぜひ【itak】の自由な俳句活動を藍生の会員たちに体験させてやってほしいと、熱いエールを頂戴いたしました。
平成30年7月14日、15日に開催される合同イベント(自由勝手が信条の【itak】と、この国を代表する大結社のひとつである「藍生」とのハイブリッドイベント)は、いつもの【itak】流に誰でも参加できる開放されたイベントを予定してます。
今後も随時情報を提供していきますのでご注目下さい。


第2部句会は、ペナンペパナンペのおふたりと豊川さんも参加し、いつものようににぎやかになごやかな句会となりました。
ちょっと早い忘年会となった懇親会にも32名の方々が参加して盛り上りました。
皆さんありがとうございました。


さて、次回、来年の1月20日の第35回イベントは「Haiku-Drunkers~俳句のイマを飲み干す~」と銘打った座談会を予定してます。
長い停滞期をようやく抜けたかと思われる昨今の俳句界、この状況をどう読むのか、どう評価し批判するのか、4人のコメンテーターがそれぞれ注目作家・作品を持ち寄り縦横に語り合います。
4人の顔ぶれは以下のとおり。
瀬戸優理子(「WA」会員)、橋本喜夫(「雪華」主宰、「銀化」同人)、栗山麻衣(「銀化」同人、「群青」同人)、五十嵐秀彦(当会代表、「藍生」会員、「雪華」同人)。
このヒトクセもフタクセもある4人による新春放談、ぜひご期待下さい。
多くの方々のご参加をお待ちしております。懇親会は新年会を兼ねて行います!



※次回より1月のイベントだけは第3土曜日に日程を移しております。どうぞご注意くださいませ(事務局)。 

2017年11月14日火曜日

第34回俳句集団【itak】イベントは無事終了しました



土曜日は俳句集団【itak】の第34回イベントにお越しいただきまして誠にありがとうございました。
講演会と投げ銭ライブ 「~アイヌ文化の伝承活動とその表現方法~『ヤイェ イソイタ アシ ワ (自らについて話しますよ)』」はいかがでしたでしょうか。
漫才あり唄あり踊りありと楽しい時間を過ごしました。どうぞご感想などをお寄せ下さいませ。
今回は71名のみなさんにご参加いただき、投句総数も104句となりました。
当日ご参加下さった方も多く、心より感謝いたします。抄録は後日公開いたします。
 
また、「句会評」「人気五句」「読む」企画などを随時アップの予定です。只今皆さんの原稿を鋭意募集中です(ごめんなさい、原稿料はありません)。 

itak】のブログは参加されたみなさんの発表の場でもあります。記事についてのコメントやツイッター等での評を頂けますと大変に励みになります。また、みなさまの作品もお寄せください。既発表作でも構いません。エッセイ、回文、短歌、どんなジャンルでも結構です。どうぞよろしくお願いします。

次回は年が明けまして1月20日(土)13:00から、北海道立文学館・地下講堂にて開催の予定となっております。
道新俳句賞佳作受賞作家・瀬戸優理子さんと当会代表・五十嵐秀彦、幹事・栗山麻衣、橋本喜夫の4名による座談会 HAIKU DRANKERS~俳句のイマを飲み干す~』を行います。
俳句の過去現在未来をパネラーがそれぞれの立場から自由闊達に飲み干してみせる企画です。みなさまお誘いあわせのうえご参加くださいませ。

詳細はメール・ブログ・Facebook・ツイッターなどで改めてご案内させていただきます。
以下のメールアドレスに随時お問合せくださいませ。 
 



ひとまずは取り急ぎの御礼まで。
今後とも俳句集団【itak】をどうぞよろしくお願いいたします。
 

俳句集団【itak】幹事一同

************************************
休憩時間を利用して開催しました各種書籍・CDの頒布会もたいへん賑いました。
大勢の方にお手に取って頂きまして、ありがとうございました。
また、北海道俳句年鑑の投句用紙など、まだございますのでお声掛けください。

************************************

 

2017年11月10日金曜日

第34回俳句集団【itak】イベントはいよいよ明日です!           (懇親会の残席若干数ございます)

 
俳句集団【itak】事務局です。明日の午後1時より、第34回イベント、講演会・投げ銭ライブを開催いたします。どなたでもご参加いただけます。多くの方々のご参加をお待ちしております。今回はアイヌ文化の一端に触れる企画です。ご期待ください。
第一部のみ、句会の見学のみのご参加も歓迎です。 実費にて懇親会もご用意しております。お気軽にご参加ください。


また、岡大介さんの投げ銭ライブの時のように小銭のご用意など頂けますと、ライブが盛り上がります。強制ではありませんが、余興としてよろしくお願いします。

◆日時:平成29年11月11日(土)13時00分~16時50分

◆場所:「北海道立文学館」 講堂
      札幌市中央区中島公園1番4号


◇プログラム◇
 第1部 講演会 ・投げ銭ライブ
      ~アイヌ文化の伝承活動とその表現方法~
      『ヤイェ イソイタ ア ワ (自らについて話しますよ)』
 講 演  川上竜也・川上将史(ペナンペパナンペ・お笑いコンビ)
 ライブ  豊川容子(Nin cup(ニン チュプ)ボーカル)

 第二部  句会(当季雑詠2句出句)

<参加料>
一   般  500円
高校生以下  無  料

(但し引率の大人の方は500円を頂きます)
※出来る限り、釣り銭の無いようお願い致します。
※イベント後、懇親会を行います(実費別途)。
  会場手配の都合上、懇親会は事前のお申し込みが必要になります。
  会場および会費など、詳細は下記詳細をご覧ください。

◆イベント参加についてのお願い◆
会場準備の都合上、なるべく事前の参加申込みをお願いします。
本日中にメール等にてご連絡いただけると助かります。
なお文学館は会場に余裕がございますので当日の受付も歓迎です。
申し込みをしていないご友人などもお連れいただけますのでどなたさまもご遠慮なくお越しくださいませ。


お申し込みには下記のいずれかを明記してくださいませ。
①講演会・句会ともに参加
②講演会のみ参加
③第二部句会のみ参加(この場合は前日までにメール・FAXなどで投句して頂きます)。

特にお申し出のない場合には①イベント・句会の通し参加と判断させていただきます。
なお、投句の締切は当日13:00です。

第二部からご参加の方、また天候や交通状況で間に合わない場合等は、13:00までに

  
itakhaiku@gmail.com 宛ご投句ください。

※欠席投句は受け付けておりません。悪しからずご了承ください。
※第二部までに会場に到着できない場合はご投句を削除します。必ずご連絡ください。

 

◆イベント後・懇親会のご案内◆

今回は早めの忘年会を兼ねての開催といたします。奮ってご参加くださいませ。
会場:テラスレストラン kitara(キタラ)
     中央区中島公園1番15号 札幌コンサートホールkitara1階
 時刻:17:30~19:30
 会費:3500円(飲み放題つき)
  ※イベント受付時にご精算をお済ませください。
  ※当日のキャンセルは後日会費を申し受けます。
  ※店舗準備の都合上、懇親会は必ず事前のお申し込みをお願いします。
  ※二次会はパークホテル地下のBar「パーククラブ」を予約しております。
    飲み放題2000円、当日お申込みをお受けします。
 
懇親会申し込みは本日いっぱいお受けできます。
参加希望の方はイベントお申し込みのメールに ④懇親会参加 とお書き添えください。


ちょっとでも俳句に興味ある方、今まで句会などに行ったことのない方も、大歓迎です!
軽~い気持ちで、ぜひご参加ください♪
句会ご見学のみのお申込みもお受けします(参加料は頂戴します)。


北海道立文学館へのアクセス

※地下鉄南北線「中島公園」駅(出口3番)下車徒歩6分
※北海道立文学館最寄の「中島公園」駅3番出口をご利用の際には

①真駒内駅方面行き電車にお乗りの方は進行方向先頭車両
②麻生駅方面行き電車にお乗りの方は進行方向最後尾車両にお乗りいただくと便利です。

 

大きな地図で見る
 
 
 
 

2017年10月31日火曜日

第34回 講演会・ライブ ~アイヌ文化の伝承活動とその表現方法~『ヤイェ イソイタク アシ ワ (自らについて話しますよ)』

 ひょんなことから俳句集団【itak】の講演会の出演オファーを受けて不思議な縁を感じております。アイヌ文化の伝承活動には古くから各地域においてアイヌ古式舞踊の保存会があったり、アイヌ語教室でアイヌ語を学んだりしていますが、近年では若いアイヌも個人やグループで積極的に活動しています。そこで自分達の活動を中心に、アイヌ文化伝承活動についてゆる~くお話ししたいと思います


◆日時:平成29年11月11日(土)13時00分~16時50分
◆場所:「北海道立文学館」 講堂
      札幌市中央区中島公園1番4号


◇プログラム◇
 第1部 講演会 ・投げ銭ライブ
      ~アイヌ文化の伝承活動とその表現方法~
      『ヤイェ イソイタ ア ワ (自らについて話しますよ)』
 講 演  川上竜也・川上将史(ペナンペパナンペ・お笑いコンビ)
 ライブ  豊川容子(Nin cup(ニン チュプ)ボーカル)

 第二部  句会(当季雑詠2句出句)
 
 
<参加料>

一     般  500円
高校生以下  無  料

(但し引率の大人の方は500円を頂きます)

※出来る限り、釣り銭の無いようお願い致します。
※イベント後、懇親会を行います(実費別途)。



ペナンペパナンペ(お笑いコンビ)

共に平取町出身・団体職員の川上竜也(かわかみ・たつや)と川上将史(かわかみ・まさし)により2015年にお笑いコンビを結成。二人とも普段はしがないサラリーマンだが、ひとたび仕事を終えると宴会部長として大活躍!その時に培ってきた芸風を元に、アイヌ文化をベースにしたコントや漫才などのネタを各地で披露。家庭を顧みずに勤務終了後や土日に営業活動に励んでおり、芸のためならと女房子供も泣かせつつ活動拠点を広げている。



 豊川容子(とよかわ・ようこ)

帯広市出身のアイヌ文化伝承者。「Nin cup(ニンチュプ)」のボーカルとして活躍する他、様々な音楽ユニットにボーカルとして参加し、長年音楽活動を行っている。2007年から自身のルーツであるアイヌの民話「ユカラ」を学びはじめる。2016年度のアイヌ語ラジオ講座の講師も務め、アイヌのアニメDVD「オルシペスウォプ」では彼女が歌ったアイヌ語の歌が収録されている。

Nin cup Facebookページ

https://www.facebook.com/Nin-cup-1316724568393569/



2017年10月30日月曜日

第34回 俳句集団【itak】イベントのご案内

 
俳句集団【itak】事務局です。
初雪の報が例年よりやや早く聞かれました。
冬支度に追われる時期になってきましたね。

第33回イベントには61名のご参加をいただき、ありがとうございました。

鈴木牛後さんの講演『 生・牛の歳時記』~あまり知られていないかもしれない牛と牛飼いの暮らし~はいかがでしたでしょうか。ご感想などお寄せいただければ幸甚です。

抄録は【itak】ブログにて近日公開予定です。
またブログでは皆さんの各種ご寄稿・情報もお待ちしております(多忙で各種遅れておりますことをお詫びします)。

下記内容にて【itak】の第34回イベント、講演会・投げ銭ライブを開催いたします。
どなたでもご参加いただけます。
また、岡大介さんの投げ銭ライブの時のように小銭のご用意など頂けますと、ライブが盛り上がります。強制ではありませんが、余興としてよろしくお願いします。
多くの方々のご参加をお待ちしております。
 
第一部のみ、句会の見学のみのご参加も歓迎です。
実費にて懇親会もご用意しております。お気軽にご参加ください。


◆日時:平成29年11月11日(土)13時00分~16時50分
◆場所:「北海道立文学館」 講堂
      札幌市中央区中島公園1番4号


◇プログラム◇
 第1部 講演会 ・投げ銭ライブ
      ~アイヌ文化の伝承活動とその表現方法~
      『ヤイェ イソイタ ア ワ (自らについて話しますよ)』
 講 演  川上竜也・川上将史(ペナンペパナンペ・お笑いコンビ)
 ライブ  豊川容子(Nin cup(ニン チュプ)ボーカル)

 第二部  句会(当季雑詠2句出句)

<参加料>
一   般  500円
高校生以下  無  料

(但し引率の大人の方は500円を頂きます)
※出来る限り、釣り銭の無いようお願い致します。
※イベント後、懇親会を行います(実費別途)。
  会場手配の都合上、懇親会は事前のお申し込みが必要になります。
  会場および会費など、詳細は下記詳細をご覧ください。

◆イベント参加についてのお願い◆
会場準備の都合上、なるべく事前の参加申込みをお願いします。
イベントお申込みの締切は11月9日とさせて頂きますが、締切後に参加を決めてくださった方もどうぞ遠慮なく申し込み下さい。
なお文学館は会場に余裕がございますので当日の受付も歓迎です。
申し込みをしていないご友人などもお連れいただけますのでどなたさまもご遠慮なくお越しくださいませ。


お申し込みには下記のいずれかを明記してくださいませ。
①講演会・句会ともに参加
②講演会のみ参加
③第二部句会のみ参加(この場合は前日までにメール・FAXなどで投句して頂きます)。

特にお申し出のない場合には①イベント・句会の通し参加と判断させていただきます。
なお、投句の締切は当日13:00です。

第二部からご参加の方、また天候や交通状況で間に合わない場合等は、13:00までに

  
itakhaiku@gmail.com 宛ご投句ください。

※欠席投句は受け付けておりません。悪しからずご了承ください。
※第二部までに会場に到着できない場合はご投句を削除します。必ずご連絡ください。

 

◆イベント後・懇親会のご案内◆

今回は早めの忘年会を兼ねての開催といたします。奮ってご参加くださいませ。
会場:テラスレストラン kitara(キタラ)
     中央区中島公園1番15号 札幌コンサートホールkitara1階
 時刻:17:30~19:30
 会費:3500円(飲み放題つき)
  ※イベント受付時にご精算をお済ませください。
  ※当日のキャンセルは後日会費を申し受けます。
  ※店舗準備の都合上、懇親会は必ず事前のお申し込みをお願いします。
  ※二次会はパークホテル地下のBar「パーククラブ」を予約しております。
    飲み放題2000円、当日お申込みをお受けします。
 
懇親会申し込みの第一次締切はホテル厨房の準備がありますので11月7日とさせて頂きます。
以降も追加をお受けできますので前日までご遠慮なくお問い合わせください。
参加希望の方はイベントお申し込みのメールに ④懇親会参加 とお書き添えください。


ちょっとでも俳句に興味ある方、今まで句会などに行ったことのない方も、大歓迎です!
軽~い気持ちで、ぜひご参加ください♪
句会ご見学のみのお申込みもお受けします(参加料は頂戴します)。


北海道立文学館へのアクセス

※地下鉄南北線「中島公園」駅(出口3番)下車徒歩6分
※北海道立文学館最寄の「中島公園」駅3番出口をご利用の際には

①真駒内駅方面行き電車にお乗りの方は進行方向先頭車両
②麻生駅方面行き電車にお乗りの方は進行方向最後尾車両にお乗りいただくと便利です。

 

大きな地図で見る
 
 
 
 

2017年9月15日金曜日

俳句集団【itak】第33回イベントを終えて


俳句集団【itak】第33回イベントを終えて
 
「生・牛の歳時記」
 
-あまり知られていないかもしれない牛と牛飼いの暮らし-
 
~牛の化身・鈴木牛後登場~
 
五十嵐秀彦
 
 

秋風吹く中島公園のいつもの北海道立文学館で、9月の俳句集団【itak】イベントが開催されました。参加者は第1部講演に61名、第2部句会57名、懇親会32名。

第1部講演は【itak】幹事で、雪華会員、いつき組組員の、鈴木牛後さんによる「生・牛の歳時記」です。
牛後さんと言えば、知っている人は知っているとおり下川町の酪農家。毎日、牛とともに暮らしている俳人なのです。

牛後さんは、「週刊俳句」に4、5年前に「牛の歳時記」というエッセイを連載していて好評でした。その頃から【itak】で牛後さんに「牛の歳時記」をナマで語って欲しいというリクエストが多く、機会を探っておりました。一度、予定に組み込んでいたのですが、なにせお仕事が酪農です。相手は生き物なので思うとおりには進みません。その時は別な企画に差し替えてなんとかしのいだわけで、今回もその時のリベンジでした。

私も正直、当日にJRに乗ったという連絡があって初めてホッとしたほどです。もしドタキャン(十分考えられた)になれば、私と橋本喜夫の二人で漫才をするしかない状況でした。

さて「生・牛の歳時記」講演は、いかにも牛後さんらしい進行になりました。いきなりプロジェクターが映らない!(テストしてないものなぁ・・・)
でも牛後さんちっとも慌てない。さすがに大物です。
酪農家の生活ぶりの一端がうかがえるエピソード豊富な内容に参加者は皆さん興味津々。
特に牧草を刈り取ったり、ロールを作るまでの動画には驚きの声があがりました。
奥様の牛前さんが真正面に陣取り牛後さんの講演ぶりを監督(笑)している様子も夫婦仲の良さがうかがえてなかなか素敵な光景でした。

句会の後、場所をホテルライフォート札幌に移しての懇親会です。
今回の懇親会は、松王かをりさんの第37回現代俳句評論賞受賞と、鈴木牛後さんの今年の北海道俳句協会賞授賞の祝賀会でもあり、盛大にそして楽しく開催されました。
一昨年の瀬戸優理子さんの現代俳句新人賞受賞に続き、俳句集団【itak】の仲間たちの大活躍が続いており、力づけられる思いです。
松王さんの受賞作は、正岡子規の鶏頭の句を分析し新解釈に至った力作ですが、その元になったのが【itak】でのご自身の講演であったこともうれしいエピソードでした。(またその講演が最初の牛後さんの講演予定が流れたときのピンチヒッターだったというエピソード付きでした)。

さて、次回のイベントです。日程等は以下の通り。

日時 平成29年11月11日(土)午後1時~4時50分
場所 北海道立文学館講堂(札幌市中央区中島公園1-4)

第1部企画
講演会・ライブ ~アイヌ文化の伝承活動とその表現方法~
『ヤイェ イソイタ ア ワ (自らについて話しますよ)』
講 演 川上竜也・川上将史(ペナンペパナンペ・お笑いコンビ)
ライブ 豊川容子(Nin cup(ニン チュプ)ボーカル)

俳句集団【itak】初のアイヌ文化関連イベントとなります。
わたしたちの名前【itak】もアイヌ語の「言葉」という単語を戴いています。
みなさまぜひ、道立文学館にいらしてください。


2017年9月11日月曜日

第33回俳句集団【itak】イベントは無事終了しました



土曜日は俳句集団【itak】の第33回イベントにお越しいただきまして誠にありがとうございました。
講演会「『 ・牛の歳時記』あまり知られていないかもしれない牛と牛飼いの暮らし~」はいかがでしたでしょうか。どうぞご感想などをお寄せ下さいませ。
今回は61名のみなさんにご参加いただき、投句総数も114句となりました。
当日ご参加下さった方も多く、心より感謝いたします。抄録は後日公開いたします。
 
また、「句会評」「人気五句」「読む」企画などを随時アップの予定です。只今皆さんの原稿を鋭意募集中です(ごめんなさい、原稿料はありません)。 

itak】のブログは参加されたみなさんの発表の場でもあります。記事についてのコメントやツイッター等での評を頂けますと大変に励みになります。また、みなさまの作品もお寄せください。既発表作でも構いません。エッセイ、回文、短歌、どんなジャンルでも結構です。どうぞよろしくお願いします。

次回は11月11日(土)13:00から、北海道立文学館・地下講堂にて開催の予定となっております。
札幌のお笑いコンビ「ペナンぺ・パナンペ」さんと音楽ユニット「Nin cup(ニン チュプ)」のボーカル豊川容子さんをお迎えして、講演会と投げ銭ライブ 「~アイヌ文化の伝承活動とその表現方法~『ヤイェ イソイタ アシ ワ (自らについて話しますよ)』」を行います。
【itak】始まって以来の漫才付き講演会と久しぶりの音楽の企画。興味深いお話しもたくさんうかがえると思います。みなさまお誘いあわせのうえご参加くださいませ。

詳細はメール・ブログ・Facebook・ツイッターなどで改めてご案内させていただきます。
以下のメールアドレスに随時お問合せくださいませ。 
 



ひとまずは取り急ぎの御礼まで。
今後とも俳句集団【itak】をどうぞよろしくお願いいたします。
 

俳句集団【itak】幹事一同

************************************
休憩時間を利用して開催しました各種書籍の頒布会もたいへん賑いました。
大勢の方にお手に取って頂きまして、ありがとうございました。
また、北海道俳句年鑑の投句用紙など、まだございますのでお声掛けください。

************************************