2017年3月31日金曜日

俳句集団【itak】第30回句会評① (橋本喜夫)


俳句集団【itak】第30回句会評①

  2017年3月11日
 
橋本喜夫(雪華、銀化)
 
 
今回の平倫子先生のイベント、そして句会ともに盛況で何よりでした。さて週末から東京出張なのでサクサクと。


 薄皮を残したやうな弥生かな    大原智也

この句の中七までの措辞は、作者の自然環境つまり東京に住んでいるか、北海道かでその味わいが違ってくる。「薄皮を残したような」という措辞はまだ、うすうすと前の季節を曳づっている感覚が言い表されている、だから作者が東京住まいならここは「如月」とか「きぬさらぎ」がベターなのだと思う。そして北海道在住だからこそ本来なら陽暦4月の季語である、弥生が生きてくる。この句は「北海道の弥生」という意味でとてもよい季語選択だと思う。


 懐の源氏名名刺納税期       藤原文珍

句会のときもコメントしたのだが、この句は面白い。ススキノとかで働いているおねーさんが、源氏名名刺を懐に忍ばせながら、きちんと確定申告の列に並んでいる景がほほえましい。毎年わたしも並ぶのであるが、税金をとられるために、おとなしく整列する国民は日本人以外にはないのではないだろうか。私は並びながら毎年、日本人でよかったと微苦笑しながらも思うのだ。


 野焼き火の何処へ生まれる何処へ死ぬ  太田量波

句会のときも言ったが、中七以下の措辞が魅力的なので、やはり季語なのだと思う。この季語で私は良いと思うのだが、「野焼き火」という措辞が美しくないと思う。「野火」とするか「遠山火」、「遠野火」とか他の措辞もあるはずだ。


 雪解風白樺百幹にひかり     藤森美千子

この句は句会のときもコメントされていたが、「白樺百幹」の措辞にオリジナルがあり、コアである。中七~座五にかけての句またがりの破調感がとても成功していると思う。雪解風とのマッチングの問題で句の優劣が決まるのであろうが、私は悪くない組み合わせと思った。「風」の季語はやはり無難である。ただし完璧な取り合わせではないと思う。


 冬の月いまならきつと言えるはず   恵本俊文

この句も中七以下のフレーズが魅力ある。まるで「根岸の里のわびずまい」のように。逆に言うとなんにでもつく完成されたフレーズ(万能なフレーズ)ともいえるので、そこが問題なのだと思う。思えば楸邨の「鰯雲ひとに言ふべきことならず」の中七以下もそんな感じなのだが、ひとえに「鰯雲」との取り合わせが素晴らしくて名句と言われている。この句を採れなかったひとはやはり「冬の月」に物足りなさを感じたはずだ。


2017年3月29日水曜日

第31回俳句集団【itak】イベントのご案内


俳句集団【itak】事務局です。
3月去る。暦の上ではもう仲春です。

第30回イベントには49名のご参加をいただき、ありがとうございました。
平倫子さんによるによる講演会「ルイス・キャロル なくて七癖『シルヴィ―とブルーノ・完結篇』-翻訳こぼればなし-」はいかがでしたでしょうか。
ご感想などお寄せいただければ幸甚です。

抄録は【itak】ブログにて近日公開予定です。
またブログでは皆さんの各種ご寄稿・情報もお待ちしております。

下記内容にて【itak】の第31回イベントを開催いたします。
どなたでもご参加いただけます。

お陰様で俳句集団【itak】は旗揚5周年を迎えることができました。
今回はその5周年記念企画として、皆さん全員参加の企画、
「北海道文学館・中島公園吟行句会」を行います.
実費にて懇親会もご準備しました。お気軽にご参加ください。



(1)第31回イベントのご案内


◆日時:平成29年5月13日(土)
      13:00~16:50(12:30受付開始)
◆場所:北海道立文学館 講堂
     札幌市中央区中島公園1番4号


◆プログラム◆

第一部 俳句集団【itak】旗揚5周年記念・吟行句会
 
     『北海道立文学館・中島公園吟行句会』-大短冊貼出-


※開始時刻まで、北海道立文学館・中島公園を各自自由に吟行し
 2句作ってお持ちになってください。大短冊は各自で書いていただく予定です。

 当日はスタッフの案内をお聞きのがしないようご協力をお願いします。

第二部 句会(当季雑詠吟行句2句出句)

 <参加料>
 一     般  500円
 高校生以下  無  料(但し引率の大人の方は500円を頂きます)


※出来る限り、釣り銭の無いようにお願い致します。
※イベント後、懇親会を行います(実費別途)。
 店舗手配の都合上、懇親会は事前のお申し込みが必要になります。
 会場および会費など、詳細は下記詳細をご覧ください。


参加ご希望の方は下記メールに
「第31回イベント参加希望」のタイトルでお申込み下さい。

会場準備の都合上、なるべく事前の参加申込みをお願いします。
イベントお申込みは5月11日までとさせて頂きますが

以降もご遠慮なくメールまたはFAXにてお問い合わせ下さい。

   itakhaiku@gmail.com

お申し込みには下記のいずれかを明記してくださいませ。
①吟行・句会ともに参加(当日13時までに受付にて投句願います)。
②第二部 句会見学・選句のみ参加(投句の方は第一部に必ずご参加ください)。


なお、受付開始12時半。投句締切は13時15分です。大短冊は各自清記ください。 
筆記用具など譲り合ってご使用願います(不明点はスタッフにお尋ねください)。
お名前または俳号・ブログ掲載の可不可について
受付時に確認させていただきます。必ずお書き入れください。
早退される方はお手数でも必ず選句をお済ませください。
また、天候や交通状況で投句に間に合わない場合等は、見学・選句のみのご参加となります。
なお欠席投句はお受けしておりませんのであしからずご了承ください。


(2)イベント後・懇親会のご案内

会場:地の酒地の酉・まる田 七番蔵
    札幌市中央区南2条西4 フェアリースクエアビル1階
時刻:17:30~19:30
会費:4000円(飲み放題つき)


  ※イベント受付時にご精算をお済ませください。
  ※当日のキャンセルは後日会費を申し受けます。
  ※中高生、小学生はお問い合わせください。


準備の都合上、こちらは必ず事前のお申し込みをお願いします。
懇親会申し込みの締切は5月9日とさせて頂きますが、以降もお問い合わせください。

参加希望の方はイベントお申し込みのメールに ④懇親会参加 とお書き添えください。


ちょっとでも俳句に興味ある方、今まで句会などに行ったことのない方も、大歓迎です!
軽~い気持ちで、ぜひご参加ください♪
句会ご見学のみのお申込みもお受けします(参加料は頂戴します)。


北海道立文学館へのアクセス
※地下鉄南北線「中島公園」駅(出口3番)下車徒歩6分
※北海道立文学館最寄の「中島公園」駅3番出口をご利用の際には


①真駒内駅方面行き電車にお乗りの方は進行方向先頭部の車両
②麻生駅方面行き電車にお 乗りの方は進行方向最後尾の車両にお乗りいただくと便利です。


 

大きな地図で見る

2017年3月27日月曜日

◇俳句及び文芸文学イベント情報等◇

俳句集団【itak】事務局です。

今週末の講演会と来月のトークショーのご案内です。


(1)第26回中北海道現代俳句大会・講演会

 ◆日時:平成29年4月2日(日)13:00から
 ◆場所:札幌サンプラザ(札幌市北区北24条西5丁目)
 ◆講演:五十嵐秀彦「吉村昭と尾崎放哉~逃げるひと~」


 ※参加無料となっておりますが、受付にてお名前を頂戴いたします。事前申込歓迎。
 ※講演会のあとは顕彰・大会となります。引き続き傍聴いただいても構いません。



(2)「北海道の暮らしと季語・しんぶん新習慣『聞いてわかる!連続講演会』第5回」

昨日3/26(日)の北海道新聞朝刊に「北海道の暮らしと季語・しんぶん新習慣『聞いてわかる!連続講演会』第5回」のお知らせが掲載されました。

当会代表五十嵐秀彦さんと北海学園大学教授・田中綾さんによるトークショーです。


ただいまリレー連載中の「北のうた暦」の執筆者が語る俳句・短歌の季節感。
お時間がおありの方は是非ご応募ください。


◆日時:4月23日(日)13:30~
◆会場:北海道新聞本社1階「Do-Box」
(中央区大通西3丁目)
◆応募締切:4月13日

※申し込み多数の場合は抽選となります。
※参加無料ですが申し込みが必要です。
 下記アドレスに、「住所、氏名、電話番号、人数、「うた暦」」と明記してお申し込みください。


  mc-hp@hokkaido-np.co.jp


2017年3月25日土曜日

【俳画・妄想季語】001


田島ハルオフィシャルサイト


頭悪そうに茸が浮かぶ汁

瀬戸優理子


俳画:田島ハル
http://www.haru-morrokko100.com/

不定期連載【俳画・妄想季語】始めます


俳句集団【itak】事務局です。
今年は春が早いのかと思ったらの大雪。
融けるものとは知りながら、雪はねにはもうウンザリ。
俳句集団【itak】5周年記念・ブログ新企画のお知らせです。
北海道在住漫画家・田島ハルさんによる妄想俳句の漫画化、
【俳画・妄想季語】をはじめます!

田島ハルさんは道産子漫画家・イラストレーターとして活躍中です。
最近俳句をはじめられました。
初心者としてひとの俳句を読む際に、本意とは大幅にかけ離れた

いわゆる妄想に走るイメージが湧くことがおありということ。
ペンを持ったならあら面白い!
こんな風に思ったのね!?という姿が紙に浮かび上がるのです。

こんな痛い面白いものを放っておく手はありません。
おなじ句座にある者として、この楽しさを共有させていただきたく
このブログの企画としてご協力いただくことになりました。

遊び心で不定期連載いたします。
一般の句評とは三本くらいズレていきますので

取り上げられた方を含め、本気で怒ったりなさらず
ネタとして楽しんでいただければ幸いです。
☆ネタニマジレスカコワルイ☆でございますからね♪


【俳画・妄想季語】は今夜18:00、第一弾を公開です。


田島ハル オフィシャルサイトはこちら
http://www.haru-morrokko100.com/



2017年3月22日水曜日

◇俳句及び文芸文学イベント情報等◇

俳句集団【itak】事務局です。

年度末で慌ただしくなって参りました。
花粉の飛散も始まっておりますので皆さんどうぞご自愛ください。
春から初夏にかけての俳句及び文芸文学イベント情報等のお知らせです。
お時間がございましたら各々よろしくお願いいたします。


(1)第26回中北海道現代俳句大会・講演会のご案内

 ◆日時:平成29年4月2日(日)13:00から
 ◆場所:札幌サンプラザ(札幌市北区北24条西5丁目)
 ◆講演:五十嵐秀彦「吉村昭と尾崎放哉~逃げるひと~」


 ※参加無料となっておりますが、受付にてお名前を頂戴いたします。事前申込歓迎。
 ※講演会のあとは顕彰・大会となります。引き続き傍聴いただいても構いません。



(2)第62回全道俳句大会・作品募集と定期総会・記念講演のご案内

 ★北海道俳句協会では第62回全道俳句大会作品を募集しております。

 未発表作品2句一組、1000円(何組でも可・前書、ルビ不可)にて出句できます。
 締め切りは3月30日(必着)。
 所定葉書と郵便振替用紙がございますので道俳事務局までお申付けください。


 ◆問合先:001-0901 札幌市北区新琴似1条7丁目1-2 田湯 岬方
  北海道俳句協会 011-765-1248
 
 ★定期総会・記念講演


 ◆日時:平成29年6月4日(日)13:00から(12時受付開始)参加無料
 ◆場所:札幌すみれホテル(札幌市中央区北1条西2丁目)
 ◆講演:櫂 未知子「陸封の文学-ユニークな俳人たち-」


 ※講演会に先立ち定期総会(含各賞顕彰)・俳句大会を行います。
 ※総会・大会・懇親会への参加希望は締め切りまでに送付先に問い合わせください。



(3)第2回文学フリマ札幌のご案内及び参加者募集

 昨年好評裏に終了した文学フリマの第2回がこの夏もテレビ塔にて開催されます。
 今回も俳句集団【itak】の出店ブースを確保。

 皆様の句集や結社誌などの委託販売等をお受けいたします。
 詳細は事務局・青山酔鳴までお問い合わせください。
 当日は是非お遊びにいらしてください。後日詳報いたします。



(4)北海道新聞朝刊コラム「新・北のうた暦」連載のお知らせ

 3月1日から北海道新聞朝刊で「新・北のうた暦」の連載が始まっています。
 執筆陣は以下。

 <俳人>五十嵐秀彦、石川青狼、久保田哲子、橋本喜夫、安田豆作
 <歌人>田中綾、月岡道晴、山田航


 毎日リレーで連載されています。

 【itak】にもゆかりある今の北海道で元気な書き手を集めた画期的な企画です。
 夕刊の俳句時評や日曜版の文芸欄と合わせて、是非ご購読ください。



2017年3月20日月曜日

第30回句会 投句選句一覧④



第30回句会 投句選句一覧③



第30回句会 投句選句一覧②




第30回句会 投句選句一覧①


【第30回人気五句披講】

俳句集団【itak】です。
 
いつもご高覧頂きありがとうございます。
先日公開しました第30回句会【人気五句】の披講をいたします。
三句選で、天=3点、地=2点、人=1点の配点方式、( )内は配点です。
横書きにてご容赦くださいませ。

たんぽぽや雲になりたい日の欠伸      酒井おかわり(14)
草間彌生似の犬通る春の闇          高畠 町子(11)
薄皮を残したやうな弥生かな         大原 智也(11)
重力の枷をとかれし春の雲          籬   朱子(10)

以上です。ご鑑賞ありがとうございました。
なお一位と四位同点の一句は掲載不可のため上位4句を掲げました。

当日の句会参加者数は47名・94句となりました。
引き続き投句選句一覧をご報告します。
ご高覧下さいませ。


 

2017年3月18日土曜日

第30回俳句集団【itak】イベントを終えて


俳句集団【itak】第30回イベントを終えて 


ルイス・キャロル なくて七癖
『シルヴィーとブルーノ・完結編』
-翻訳こぼればなし-

 
~空想力という怪物がいる~

五十嵐秀彦
 
 
 
itakは隔月なので、年間開催数は6回となります。で、今回が第30回ですから、つまり丸5年が経ったわけです。
旗揚げしたときには、一年続くかどうか程度に考えていたことを思い出すと、よくここまで来たものです。

さて、その第30回イベントの第1部企画は、【itak】幹事であり、英文学者の平倫子さんの講演「ルイス・キャロルなくて七癖『シルヴィーとブルーノ・完結篇』~翻訳こぼればなし~」。
平さんはルイス・キャロル研究の第一人者であり、昨年は小説「シルヴィーとブルーノ完結篇」( “Sylvie and Bruno Concluded” )の日本初訳というお仕事を完成させています。
今回はその翻訳作業の中で発見したさまざまな「キャロルらしさ」とでもいうべきものを語ってくださいました。

聴いていて、人の想像力・空想力というものの奥深さ底の深さというものを考えさせられました。それは「夢」はどこから生まれてくるのか、ということでもあるのかもしれません。
日常意識されることのない心の奥底にひそんでいるものの存在。それが実はいつも人を動かす力のひとつとなっているのかもしれません。そして俳句もまた、そうした力によって生まれているのだろうと思いながら講演を聴いておりました。

抄録をご期待ください。
 
英文学が俳句と何の関係があるのかと思う人もいるのかもしれませんが、俳句と無関係なものってありますか?
視野を広く持ち、好奇心のアンテナを高く立てることで、俳句もまた新展開を迎えるのです。
【itak】はこれからもさまざまなジャンルからテーマを選びイベントを企画してまいります。楽しみにしていてくださいね。

司会の青山酔鳴さんと、コメンテーター橋本喜夫さんの二人による軽妙な進行の句会で、今回もたくさんの面白い句に出会うことができた句会となりました。
ありがとうごさいます。
参加者数は第1部企画に49名、第2部句会に47名、懇親会22名でした。
さて、次回は5周年記念企画ということで、いつもと内容を変えてみます。
吟行です。
と言っても、開始前に各自吟行ですので遠足的なものではありません。
場所は私たち【itak】のホームでもある文学館を擁する中島公園。
吟行句を持って文学館講堂に集合となります。
そのあとの進行がどうなるかは、その日のお楽しみとさせてください。
では5月13日にお会いしましょう。風邪などひかれぬようお体大切にお過ごしください。
 
 

 

2017年3月13日月曜日

第30回俳句集団【itak】イベントは無事終了しました

 

土曜日は俳句集団【itak】の第30回イベントにお越しいただきまして誠にありがとうございました。
講演会『 ルイス・キャロル なくて七癖「シルヴィ―とブルーノ・完結篇」-翻訳こぼればなし- 』はいかがでしたでしょうか。どうぞご感想などをお寄せ下さいませ。
今回は49名のみなさんにご参加いただきました。
年度末でご多忙中にもかかわらずありがとうございました。



第一部の抄録については改めてこのブログにてご報告させていただきたいと思います。
また、「句会評」「人気五句」「読む」企画などを随時アップの予定です。只今皆さんの原稿を鋭意募集中です(ごめんなさい、原稿料はありません)。 

itak】のブログは参加されたみなさんの発表の場でもあります。記事についてのコメントやツイッター等での評を頂けますと大変に励みになります。また、みなさまの作品もお寄せください。既発表作でも構いません。エッセイ、回文、短歌、どんなジャンルでも結構です。どうぞよろしくお願いします。

次回は5月13日(土)13:00から、北海道立文学館・地下講堂にて開催の予定となっております。
俳句集団【itak】旗揚5周年記念企画と題しまして、当日参加者全員で『 北海道立文学館・中島公園吟行句会 』を開催したいと思います。第一部に講演会などを行わないのは初めてのことですが、午前中各自が公園内を散策して2句を持って来ていただく趣向です。
文学館講堂の壁にそれぞれの大短冊をぶら下げます。
句座という往来をみなさまと共有する企画、是非とも楽しんでいただきたいと思います。

初心者もベテランもみな平等。みなさまお誘いあわせのうえご参加くださいませ。

詳細はメール・ブログ・Facebook・ツイッターなどで改めてご案内させていただきます。
以下のメールアドレスに随時お問合せくださいませ。 
 



ひとまずは取り急ぎの御礼まで。
今後とも俳句集団【itak】をどうぞよろしくお願いいたします。



俳句集団【itak】幹事一同

2017年3月9日木曜日

俳句集団【itak】第30回イベントは明後日です!


あっという間に年度末。世話にない日々となって参りました。

第30回イベントは明後日となりました。どなたでもご参加いただけます。
当日参加も大歓迎です!お誘いあわせの上、どうぞお気軽にお越しくださいませ。

天気予報はいまのところ晴ときどき曇、最高気温5℃、日中の降水確率10%です。
穏やかな日となりそうです。

また館内に自販機がありませんのでお飲み物などはお持ちください。
裏口を出て道路を渡るとセイコーマートがございます。


※休憩時間に平倫子さんの『シルヴィ―とブルーノ・完結篇』初訳本の頒布を致します。





 誰でも知っているキャロルの『不思議の国のアリス』や『鏡の国のアリス』。けれども彼が晩年『シルヴィーとブルーノ』を書いたことはあまり知られていない。ましてその続篇『シルヴィーとブルーノ・完結篇』があったことはほとんど知られていない。「どうして?」
 正篇は1979年に梁瀬尚紀の訳が出た。しかし続篇はずっと未訳だった。 「どうして?」

 ふたつの「どうして?」をかかえながら10年あまり、『シルヴィーとブルーノ・完結篇』を読み、考え、書いて過ごしてきた。難解ながらも読めば、いまに通じる話題をはらんだ当意即妙の物語で、キャロル理解の宝庫であることがわかった。
 そして先年7月、日本ルイス・キャロル協会の会誌『ミッシュマッシュ』の特別号として刊行することが出来た。

 今回は翻訳作業をとおして見えてきた疑問やキャロルのことばへのこだわりをいくつか拾って話そうと思う。

 *と き 平成29年3月11日(土)午後1時~4時50分
 *ところ 北海道立文学館講堂(札幌市中央区中島公園1-4)
 *参加料 一般500円、高校生以下無料


◆第1部 講演会 ルイス・キャロル なくて七癖
『シルヴィ―とブルーノ・完結篇』-翻訳こぼればなし-


講 演  平 倫子(俳人・英文学者 俳句集団【itak】幹事)


◆第2部 句会(当季雑詠2句出句・投句締切午後1時)
◆懇親会のお申し込みも金曜日いっぱいまでお受けします。
http://itakhaiku.blogspot.jp/2017/02/itak_3.html





たいら・くみこ 
1937年東京生まれ。仙台育ち。東北大学大学院文学研究科英文学英語学専攻修士課程修了。英文学、英米児童文学専攻。北星学園大学名誉教授。日本ルイス・キャロル協会会員、「藍生」会員。
主著に『ルイス・キャロルの図像学』、『ルイス・キャロル 身体医文化の実相』がある。


2017年3月3日金曜日

俳句集団【itak】第28回イベント抄録

 
 
俳句集団【itak】第28回イベント抄録
 
『うちらには日本語がある』
山之内 悦子(通訳者)


 
 
2016年11月12日 札幌・道立文学館
 

 ◆日常語を変え続けた人生

 私が今日、ここに立つ唯一の資格は松山出身ということだと思います。でも実は7年ほど前までは俳句をずっと避けてきました。松山には、あちこちに句碑がありすぎるゆえにその気になれなかったのかもしれません。

まず、自己紹介も兼ねて手短に自分の人生についてお話します。一番の特徴は、日常語を何度も変えざるを得ない人生を送ってきたことです。四国山脈の山奥の村で育ち、小学5年生のときに松山市内に引っ越しました。松山とは40㌔くらいしか離れていませんが、方言がかなり違う。北米だと、何百㌔、何千㌔離れていても、言葉はあまり変わりません。日本や英国などは、あまり交通手段のない時代に、それぞれの言葉が、それぞれその場で発達し、方言がいまでも歴然とある。そこが、言葉に彩りのできる面白い点なのですが、当時は、「山猿」と笑われないように一生懸命、(松山市内の)伊予弁に直しました。嫌だったのは、親の呼び方を変えることでした。「かあちゃん」から「お母さん」。他の人を呼んでるみたいでしたが、変えないと恥ずかしいと妹たちが言ったこともあって無理して変えました。

中学高校で伊予弁に慣れたと思ったら、大学は東京に行きました。伊予弁は関西弁に似たイントネーション。東京弁とはほとんど真逆です。学生時代、東京に妹たちが来た時には「電車の中ではだまっとらんといかんよ。田舎もんと思われるけんな」と言って聞かせました。今思えば本当に情けないかわいそうなことをしたと思います。さらに、東京の言葉に慣れた後、今度はカナダに住むことになりました。大学4年の時に一年間の交換留学でBC州のビクトリア大学へ行ったのです。それが縁で、30年近くカナダに住んでいます。今度は、英語がまともにできないと対等に扱ってもらえないという悲哀を味わいました。

私は、生まれ育った村の言葉で話すとき、両親と話すときが一番、素の自分になれます。それなのに、その後、伊予弁、標準語、英語と日常語が変わっていくたびに、元の言葉よりも新しく慣れなければならない言葉のほうが、世界において勢力、あるいはヘゲモニー(覇権)を持っていました。つまり素の自分を何度も脱ぎ捨て、新しい衣を着なければならなかったわけです。悲しく悔しく感じることもあったけれど、そうせざるを得ませんでした。もちろん世界で起こっている様々な差別の被害者の苦しみと比べれば取るに足らないものだったでしょう。けれど、悲しかったのは事実です。

10年ばかり前にカナダの大学院で教育社会学を勉強していたときに、イタリアの政治思想家、アントニオ・グラムシの言葉に出合いました。ムッソリーニ政権下で投獄され、長年の拘禁生活が原因で若死にした人です。彼は、『獄中ノート』などにおいて、文化における「覇権」という概念をしっかりと捉え表現しています。単純に言うと「権力を持っている側は、自分たちの文化のほうが、抑圧している者たちの文化よりレベルが高く尊いと相手に思いこませる。そういう戦略を持っている」という考えです。この言葉を読んだとき、私はそれまでの一生を、それに踊らされてきたなと思いました。常に新しく出会う文化が上で、それに合わせないと恥ずかしいと思ってきた。相手の思うつぼだった。権力を持つ側の言うことを内面化してきた、と思い至ったのです。以来、そういった覇権主義の内面化を解除する一助となりたいと思ってきました。

カナダに30年以上住み、通訳者としても長年外国語で話してきましたが、伝えたいことを100%言い切れてはないな、という感じを抱くことが度々ありました。ただ、幸せだと思えるのは、日本語はまず、この世から消えてなくなることはないだろうということです。例えば、世界には消えていく言語が、年間に百ほどもあります。その多くが先住民の言葉です。カナダでは私も民族的マイノリティ(少数派)として暮らしてきたので、やはりマイノリティの気持ちが気になり、長年、先住民の支援をして来ました。そこで知り合った先住民族の詩人ジュネット・アームストロングさんがある時「夜中に目が覚めて、もう自分の言葉で話す相手がいなくなる、あと10年もしたら死に絶えてしまうと思うと、悲しくて眠れなくなる」と述べていました。また、アイヌ民族で初めての国会議員となった萱野茂さんの通訳も何度か務めたことがありますが、講演会でこうおっしゃっていました。「もし日本人が、これから日本語を使うことを一切禁止されて、英語しか使ってはいけないと言われたら、皆さんはどういう気持ちになりますか。アイヌ民族にはそんなことが起こったのですよ」と。両方とも、とてつもなく重い言葉です。皆さんも沖縄の「方言札」というのをご存知かと思います。琉球の言葉をなくし、大和言葉を押しつけるために、小学校で方言で話すと首からその札をかけられていたのです。このような屈辱的なことが数多く起きているのが人間の歴史です。幸いにも植民地となったことのない日本では、日本語は傷付かずに残っています。でも国内では、差別と言語消滅の危機が起こってきたことを忘れてはならないと思います。

カナダに住んでいると、地名にあまり面白味を感じません。バンクーバーの通りの名前は、数字に加えて「ツガ通り」「カラマツ通り」などの樹木の名の他には植民地化してから英国の人物や地名にちなんで付けられた「ネルソン通り」「トラファルガー通り」などがほとんどです。英国系カナダ人には面白いかもしれませんが、他の民族にはあまり意味がありません。日本に帰ってくると、どこに行っても、その土地の歴史が想像できる地名であることがとても幸せです。昔ここに馬がいっぱいいたから「駒場」なのかなとか、「目黒」とは、何の目が黒かったんだろうとか考えるだけで楽しくなります。ここ北海道の地名はアイヌ語由来がほとんどだと思いますが、日本語とアイヌ語を併記した道路標識を作る運動があったようですね。例えば「近文(チカプニ)」は、鳥の「チカップ」と場所の「イ」がつながって「チカプニ」となり、当て字が使われたというふうに(cikap-un-i=鳥-いる-所)。旭川市内の標識には、アイヌ語の元の意味が分かる標識を30カ所あまり、作ったとのことですが、それ以上にはあまり広がってはいないようです。道内全土に広げれば、アイヌ民族にとって、祖先がどうその土地と関わってきたかが理解できて意味があると思いますし、住んでいる人や訪ねる人にとってもその土地の物語が感じられると思うのですが、いかがでしょうか。


 ◆自主的な植民地化

日本語は、どこからもだれからも取り上げられず続いているのに、日本人は、自主的に文化の植民地化に手を貸しているようなところがあります。もともと、外来のものを取り入れることが好きな民族であるおかげで中国の漢字が入るなど、言葉が豊かになるという恩恵も受けてはきました。また、言葉は変化しなくなったら、活力を失う運命にあることも確かです。人が変わり、時代が変わるにつれ文化が変わることは当然だといっても、それにしても、言葉をこれほど急激に変えるのはどうかなと思うことが多い。

例えば「ナスターチアム」「ナスタチュウム」(Nasturtium)を御存じの方はおられますか? ではキンレンカ(金蓮花)と聞いて、どんな花かを頭に浮かべることができる方は? 園芸が好きな人でないと馴染みはないかもしれませんが、「金蓮花」という言葉ならば、金色っぽい黄色やオレンジ色の花で蓮のような葉を持つ植物を想像できるのではないでしょうか。で、そういう説明を一度聞けば簡単に名前を覚えることができるでしょう。けれど「ナスタチュウム」と聞いても、とっかかりがないために覚えようがない。ことに外来語に弱い年配の人にとっては難しいのではないでしょうか。そのような言葉がどんどん日本語に入ってきています。

私は実家に帰るたびに、88歳の父から、紙に書いたリストを渡され説明を求められます。例えば「プラシーボ」と書いてある。この言葉の意味をみなさんご存知でしょうか? 「プラセボ」とも言いますが「偽薬」のことですよね。「お父さん、こんな言葉どこに出とったん?」と訊くと、「主治医が言うたんよ」と言う。こんな言葉を88歳の患者に使う医者の言語感覚って??と思います。父の世代は、若い頃に横文字を学ぶのを禁じられた世代。でも今は、外国語から入ってきた言葉は日本語の中に否応なく入り込んでくる。

そのほか、父のリストには、「環境アセスメント」「セーフティネット」などと書いてあります。父は昔から投書魔で、新聞を読むのが好きでした。そういう人が分からない言葉を載せる新聞を作ってどうするのか、と思います。横文字に馴染みがない年配者が大勢読んでいるのに、平気で新聞やテレビのニュースには出ている。おかしくありませんか? ニュースはみんなに分かってこそ。マスコミの方々にはもっと、外国語になじみのない人も、高齢の人も読めるものを書いてほしいと思っています。世の中には、国粋主義者的なことを言いながら日本語を粗末にして、段落ごとに必ずと言っていいほど英単語のカタカナ読みを入れるような政治家もいる。そのほうが学があるように見えるとでも思い込んでいるのでしょうか? 意思伝達のためには、大勢がわかる言葉を使う方が効果的なのではないかと思うのですが・・・。

 カタカナ語の多さには辟易しますが、そうはいっても、やはり日本語は、それらを上手に取り入れている器用な言語だとも思っています。例えば「ランナー」という言葉。日本語では、道を歩いてバッグを取られ、追いかけている人に対してランナーとは言いませんね。何らかの競技をして、走っている人の意味。一方、英単語の「runner」は、意味が山ほどあります。ただ走っている人も、競技の人も、ストッキングの伝線も、ほふく植物のほふく枝も、いろいろな走るものや長く伸びるものを「runner」という。日本語では、その中で一つの言葉を取り上げて、ある意味を持たせている。日本語の語彙を増やす効果的な方法だと思います。「テーブル」もそうです。日本語では、だいたい食卓の意味ですね。英語の「table」の定義は、「板の下に普通は4本の足があり、その上で食事をしたり、作業する台」とあります。作業の中には、カイロプラクター(矯正士)が、施術するのも入る。日本語では「テーブルの上にお乗り下さい」とは、よほどのことがない限りは言われませんよね。「トラブる」という言葉も、「トラブル」の「ル」を「る」に替えて、動詞にしている。問題を起こして一悶着するという意味。「揉める」よりも、少し軽い表現、不手際でうまくいかなかったと言うニュアンスを持たせています。とても面白いと思います。

日本人には、英語コンプレックスを持つ人も多いですが、もうすでに日本語の中に英単語がちりばめられています。だから、実は誰でもかなり英語の語彙はあるのです。このことは、言語社会学者の鈴木孝夫氏が著書『日本人はなぜ英語ができないか』で詳しく書いています。テーブルやランナーなど、日本語はかなり英語の言葉を取り入れていますが、その中で特化した意味だけで使うことがあることをわかっていないと、それをそのまま英語の文章のなかで使うとおかしなことになることがあります。例えば「ナイーブ(naive)」。日本語では、例えば芸能人についての表現の「ナイーブな微笑み」など、「繊細な、貴公子っぽい」という良い意味で使っています。でも、英語圏に留学に行って「あなたはナイーブね」と言われたら、喜んではだめ。「アホですね」と言われているようなものですから。世間知らずであまりに無邪気だという意味です。日本語に入っている英単語を使う際には、こういう点にご注意ください。

井上ひさしさんは、辞書を読むのが好きでしたが、みなさんも、ぜひ時間があるときに辞書を読んでみてください。カタカナ用語事典を端から端まで読むと、どういうわけで外国語が日本語に取り入れられたかが見えてきて興味深いですよ。今のカタカナ語の多さには閉口するものの、例えば「金蓮花」も、もとは中国語から来ているものだけれど、日本語の一部として定着している。日本語は変化するのに巧みな言葉、たくましい変化をしてきた言葉です。まあ、それは他のどんな言語にも言えるのかもしれませんが、そんな面白いところを見つけ出す。俳句を詠まれる皆さんの活躍どころの一つかもしれません。

 
 ◆英語のフィルター

それにしても、英語がこれだけ世界で威張りくさっているのは由々しき事態だと思います。なんでこんなに威張るかねえと思うほどですよね。インターネットの普及で、英語を読める人とそうでない人との間の情報量の格差がさらに開いています。英語を知っているのは、確かに便利です。韓国の人ともロシアの人とも英語で話せる。便利ではあるけれど、これほど英語が幅を利かせていると問題も出てきます。例えば、先日通訳したある国際映画祭で、インドネシアの映画監督が、せっかくインドネシア語⇔日本語の通訳者がいるのに、自ら英語で質疑応答をするという場面がありました。聞いている人は圧倒的に日本人が多く英語人口は少なかったのに、英語で受け答えした方が直接世界と対話しているという感じがするのか、インドネシア人が英語で話すのを私が日本語に通訳するという具合になりました。でも、やはり本当にそれですべてが通じているのか疑問に思いました。母語で話した方が思いの丈が伝わることが多いのではないか、と思ったのです。

英語以外の言葉で作られた作品で国際映画祭に応募する場合は、まず英語の字幕をつけて送ることが多いようです。そのため、インドネシア語の映画もスウェーデン語の映画も、英語の字幕を見て、それを日本語字幕に直すといったことが起きがちです。だから、一度、英語のフィルターがかかることになる。何語の映画でも、そういうことが多いのです。

それぞれの文化に言葉は密着しています。例えば、日本語にはあるけれど、英語にない言葉はたくさんある。逆もまた真なりです。すぐに思いつくのが、「懐かしい」という言葉です。日本人は懐かしがり屋なのでしょうか、カナダに住んでいると、納豆を食べただけで「あ~懐かしい」と言う。先週も食べたりしてるんですけどね。「懐かしい」を英語に訳すとなると、「ノスタルジック」という言葉がありますが、これは大袈裟な懐かしがり方です。兵士が遠征しているときに、故郷の歌を歌うとみんなホームシックになって、士気が下がる。泣き出す人もいる、病気みたいになるので、その歌を歌うのを禁止したことが昔にはあったそうです。そのときの現象が「ノスタルジー」と言われ、それがフランス語から英語に取り入れられたと聞いています。そのほか英語では、子ども時代を「思い出させる」などの意味の「remind(リマインド)」という動詞を使う。または「This takes me back to my childhood」と言ってみたり。それだと少し懐かしがり方が「ノスタルジック」よりは日常的になるけど、日本語の「懐かしい」ほどには多用されてはいないように思います。

そのような状況の中で何にでも英語のフィルター通すと変なことが起きます。たとえば「assertive(アサーティブ)」という言葉があります。日本語には訳しにくいのですが、自分の思うことをしっかり述べる、主張できる能力のことで英語圏では高く評価されているように思います。日本語には「自己主張」という言葉がありますが、あまりいい意味では使われない。古いですが「青年の主張」くらいだと悪くなかったけれど、「女の自己主張」などと言うと、昔も今も評判が悪い。カナダの大学に研修に行った日本の女性問題研究会のグループの通訳をした際、「assertiveness training」という言葉の訳し方で困りました。日本語で「自己主張する力の訓練」では余計なニュアンスがついてしまいます。一言で説明しにくく、「自分の思うところをきちんと主張する能力を伸ばす」だと長すぎます。なので、まず「アサーティブ」という言葉の定義を説明してから、訳さずにそのまま「アサーティブ」で通しました。

一事が万事、翻訳・通訳は、多かれ少なかれ無理して相手に合わせています。ほとんど同じサイズだけれど、わずかに袖丈が長かったりして、どこか合わないところがある洋服に自分の身体を無理矢理入れるようなところがあります。通訳で一番難しい点は?とよく訊かれますが、「いつでも100%重なっているわけではないのに、意味を通じさせなくてはならず、気持ち悪いところを我慢しないといけないところです」と答えています。こう考えると、何もかも英語一辺倒では、画一的な世界になってしまうのではないかと心配になるのですが、杞憂でしょうか。

そんなこと言いながら、なんで英語の通訳をやっているの、と訊かれることがありますが、それは乗りかかった舟だからです。英語を勉強してみたら、とても面白かった。話すことが好きで、思うことを伝えたいという私に向いていました。四国の山奥で育ち、「女の子のくせに、そんなに何で何でと訊いていたら、嫁入りできない」と言われていました。高校生のとき、往復で50分の自転車通学の途中、NHK英会話の寸劇の台詞を、一人二役でやっていた。まったく違う人格になったみたいで、ものすごく面白かった。抑圧がない世界に思えた。それは幻想だったと後で分かるのですが、違う人格を演じているようなのが楽しくて、英語を追求したいと思うようになったのです。もっともっとと追求するうちに、通訳という職業についていました。本当は芝居がしたかったのですが、それでは食べていけず通訳者になりました。

通訳者を介しての取り引きや講演では、難しさや欲求不満を感じることがあるかもしれません。その隔靴掻痒の感がわかるからこそ、精進して最上の仕事をしなければと思ってやっています。少数者の一員としてカナダに住んでいることもあり、常に先住民族のことが気になっていますし、アイヌ民族主催の二風谷フォーラムなどでも何度も通訳をしてきました。心惹かれる分野の知識は、自分の中に蓄積していく。そうなると、その分野に無関心の通訳者よりも、良い仕事ができるようになるのは当然です。話している人の気持ちを汲むような通訳も目指し易くなります。

 
 ◆自文化を知ることと多様性の大切さ

いくら英語を生業としていても、先ほど申し上げた通り英語帝国主義には批判的な立場です。例えば、横文字で名前を書く際に、氏名をひっくり返す人が多いですね。私は植民地化されたみたいで嫌です。私のライフワークともいえる山形国際ドキュメンター映画祭では27年間通訳してきましたが、反植民地主義といった考え方が根底にある映画祭であるからか、日本語の氏名はひっくり返さない。アジアの他の国々を始めとして世界中の人の名前を、自国で使われている順番で表記します。カタログでもそうしています。でも英語風にひっくり返すイベントや会議の方が日本には多いんでしょうね。日本に住んでいるアメリカ人が、日本語で話しているからといって「僕の名前はスミス・ボブです」っていう人は少ないですよね。「ボブ・スミスです」と言う。英語で話したり書いたりしているというだけで、どうして日本人はひっくり返すのか? そこが自主的な植民地化と思えてしかたありません。日本では小学生から英語を教えることになりましたが、そこらへんのことも心配です。多勢に無勢で、きっとそういうことになってしまうのだろうなと悲観しています。

全人類が破滅に向かっていると感じている人は今多いと思います。どの時代にも終末論はあるから、今回もそうはならないかもしれないけど、英知を寄せ集めないと人類が生き延びるのは難しいと私自身は感じます。そんな世界にあって、いろんな文化が残ることが人類存続の鍵になると思います。カナダの遺伝学者にデヴィッド・スズキという人がいます。日系の著名人で、環境擁護運動をけん引してきた人です。その方が、萱野茂さんと共同の講演で、まさにそのようなことを言っていました。「人類が生き延びるためには多様性が必要です。こうやって先住民の皆さんが、今まで様々な文化を伝えてきたことに心から感謝します」と。この言葉に聞く耳を持つ人はまだまだ少ない。カナダでもそうですが、それでも徐々に増えつつあります。

文化が違うと言葉も世界の見方も違います。たとえば花の名前の付け方ひとつでも違う。「キンギョソウ」は、中国から来た言葉らしいですが、英語では「snapdragon(スナップドラゴン)」と言います。竜がガッとかみつくところのように見えるためらしいです。英語圏の人たちは、ずいぶんと怯えてるなあ、こんなにかわいらしい花なのに、金魚がひらひら泳いでるよりも竜が襲いかかってるように見えるのかなあ、それともキンギョソウよりも後の時代になるまで金魚を見たことがなかったのかなあ、などと思います。欧州の他の言語でも、キンギョソウを「獅子の口」といった物騒な言葉で呼ぶことが多いようです。この例一つを見ても、世界にはさまざまな見方があるということがわかります。覇権主義ではなく、さまざまな言語や文化が対等にまじわれば、互いに学びあえるのになと思います。

この点においても、日本語の奥義を追求する「俳句」をなさるみなさんは、希望の星だと思います。真の国際化や多様化は、まず自分の文化をよく知ることから始まりますから。カナダで私は、通訳者・翻訳者を目指す人達を教えていますが、せっかくカナダに来たのに、日本人同士で話してばかりだという悩みをよく聞きます。私は「カナダには黙っていることを美徳だとは思っていない人たちが多いことは分かっているよね」とアドバイスします。黙ってニコニコしていても、なかなか友達になってはくれない。この子は面白い、自分が思いつかなかったような事を言うこの人の考えをもっと聞いてみたい、とカナダ人が思えば、英語が拙くても、分かりにくくても、辛抱して話してみる気になる。通訳者養成講義では毎回お題を出し、例えば「日加のバレンタインの祝い方の違いについてどう思うか」などというテーマで、1分ばかり英語でスピーチをしてもらったりなどして、自分の考えをまとめて言葉にする訓練をしています。

北米は、言葉にしてナンボの文化です。昨日、羽田空港に向かう途中に、大きな広告があって、「言葉に頼りすぎると退屈な女になっていく」とありました。「言ってくれるわね」と思ったけど、確かにそれもそうかもしれません。一理あるのは認めます。ただ、言葉に頼らない場合、人間はどうやってわかり合えるか。 表情? 触れてみる? 会う人みんなに触れるのは、ちょっと法律に触れますね。だから、言葉に頼るしかない。なるべく一生懸命、言葉を使ってコミュニケーションを図るしかない。けれど、そこで難しいのは、個々の単語の理解の仕方に個人差があるということです。例えば「バカ」という言葉一つとっても、子どものころから親に愛情を込めて「バカだねえ」と言われていた子と、その言葉を投げつけられた後に何が飛んでくるか分からないような中で育った子とでは、全然違う感覚を持つでしょう。辞書の定義を見ても、通訳をしていても、私たちは一体どれだけわかり合っているのかなと思っています。一つひとつの言葉の定義が、みな一人ひとり違う。世界に紛争は絶えませんが、人類の大半が、まあまあ礼儀正しく生きているのはたいしたものですよね。なかなか分かり合えないながらも人は分かり合いたいという気持ちが強いのでしょう。人間はそんな、いとおしい生き物なんだと思いながら、通訳をしたり教えたりしています。みなさんも俳句を通して、豊かな毎日をお過ごし下さい。今日は拙い話をお聞きくださってありがとうございました。
 
(了)


※諸般により第28回の抄録公開も遅れましたことを、あらためてみなさまにお詫び申し上げます(事務局)。 


2017年3月1日水曜日

俳句集団【itak】第27回イベント抄録(スライド資料)












※諸般により第27回の抄録公開が遅れましたことを、あらためてみなさまにお詫び申し上げます(事務局)。

俳句集団【itak】第27回イベント抄録

俳句集団【itak】第27回イベント抄録

『 知って得する!俳句の文語文法 』


~イベントを終えて~
 
松王かをり(俳人)
 

 
2016年9月10日@札幌・道立文学館
 
 
 まず、諸事情から、イベントの抄録がこのように遅くなってしまったことをお詫びしたい。
 
 俳句の文語文法についてitakで話をすることになったものの、さて、どのように話をしようかと悩んだ。というのも、普段予備校で教えているのは、入試に必要な文語文法である。年齢層もばらばら、現在学校で文語文法を学んでいる高校生もいれば、俳句歴は長いけれど、文語文法はもうすっかり忘れてしまったという方もいる。それで、考えた末に、俳句の文語文法でわからないこと、聞きたいことを、まずアンケートでお尋ねし、それに答えるという方法を採ることにした。

 次に悩んだのは、1時間余りの時間をいかに使うかということである。予備校の授業でも、文法ばかりの話は30分で限界である。そこで、前半後半に分け、第一部では、正岡子規の〈鶏頭の十四五本もありぬべし〉を「ぬべし」に注目して、文法から読み解いてみることにし、第二部で、アンケートのご質問に答えるという構成にした。

 以下は、第二部の抄録である。句会の時間が押していたので、少々早口にもなり、お聞き苦しいところが多々あったことと思われるし、最後に質問の時間を取ることができなかったことも悔やまれる。ご意見、ご感想があれば、ぜひお聞かせいただきたいと思っている。 
第二部 ご質問に答えて
 
 第二部は、事前にいただいたみなさんからのアンケート(「俳句文法に関して日頃疑問に思っておられることがらをお書き下さい」)のご質問に答えるという形をとった。
 また、文法の説明だけでは退屈なものになるかもしれないと思い、練習問題を別紙で準備し、知識の確認をした。

 以下、そのQ&Aである。
 
【文法&仮名遣い】について(スライド資料2)

Q 文法と仮名遣いを混同してしまいます。
A 文法の種類に文語文法と口語文法があり、仮名遣いの種類に旧(歴史的)仮名遣いと新(現代)仮名遣いがあります。したがって、俳句の種類としては、A文語&旧仮名遣い B文語&新仮名遣い C口語&旧仮名遣い D口語&新仮名遣いの4種類とEその他(文語と口語の混在など)が考えられます。〈ドリル1〉の「5屠蘇散や夫は他人なので好き」は、口語で詠まれているものの、文語文法で使用する切字の「や」を使用しているため、厳密に言えばEのその他になります。文語と口語の混在を否定する見解も多く聞かれますが、私個人としては、「や」「かな」といった切字との併用まで否定してしまうと、俳句の世界が狭くなるような気がしています。
 
【動詞】について

◇ 表記の問題(スライド資料3)

Q 「い」と「ゐ」や「ひ」、「う」と「ふ」や「ゆ」、「え」と「ゑ」や「へ」の表記があやふやです。
A その動詞の終止形を考えてみることです。ハ行なのか、ヤ行なのか、ワ行なのか、ヤ行の「い」と「え」はア行と同じ表記をしますし、ワ行ならば、「ゐ」「ゑ」の表記となります。また、俳句によく使われる動詞で、活用の行に関して注意が必要な動詞を覚えておくとよいと思います。
 
《活用の行で注意が必要な主な動詞》

ア行(下二段活用)・・・「得」「心得」の二語のみ
ハ行(四段活用)・・・「歌ふ」「思ふ」「買ふ」「恋ふ(古くは上二段活用であるが、中世末期から四段活用への移行が見られる)」「縫ふ」「這ふ」「舞ふ」など多数
  (上二段活用)・・・「強ふ」「用ふ」など
  (下二段活用)・・・「耐ふ・堪ふ」「終ふ」など
ヤ行(上一段活用)・・・「射る」「鋳る」
  (上二段活用)・・・「老ゆ」「悔ゆ」「報ゆ」の三語
  (下二段活用)・・・「癒ゆ」「覚ゆ」「聞こゆ」「消ゆ」「越ゆ」「冴ゆ」「絶ゆ」「冷ゆ」「見ゆ」「萌ゆ」など多数
ワ行(上一段活用)・・・「居る」「率る」など
  (下二段活用)・・・「飢う」「植う」「据う」の三語
 
◇ 動詞の活用の問題(スライド資料4)

Q この活用の仕方は間違っていると指摘を受けることがあるのですが・・・
A 一番多い活用の間違いは、下二段活用の連体形かと思います。後に、この活用が下一段活用に移行していきますので、たとえば、下二段活用動詞「流る」の連体形は「流るる」ですが、それが「流れる」となっているような句をよく見かけます。要は、しっかり下二段活用のパターンを覚えておくということに尽きると思います。ただし、この下一段活用への移行は、すでに江戸時代には行われていたようで、芭蕉の句にも出て来ます。ですから、一概に間違いということはできないし、さらに言えば、下二段活用の連体形を知っているけれど、何らかの効果をねらって、敢えて下一段活用の連体形を使うということもあり得ると思います。
 
◇サ変複合動詞の問題(スライド資料5)
 
Q サ変の複合動詞についての質問です。「風花す」といった使い方をよく見かけますが、本来のサ変複合動詞の使い方から鑑みて、これはどうなのでしょうか。
A サ変の複合動詞は、その多くが漢語の名詞に「〜する」という意の「す」が付いたもの、「動作性の名詞」に「す」が付いたものです。したがって、たとえば、自然現象である「雨」に「す」をつけて「雨す」、「雪」に「す」をつkて「雪す」などは、やはりおかしいということになります。そういうことから言えば、「風花」に「す」をつけた「風花す」は正しい使い方とは言えないと思います。本来なら、「風花舞ふ」などというべきでしょう。けれど、現在では、俗語として「お茶する」などという使い方もよく耳にします。俳諧は、俗語を詠み込むことも厭いませんでしたから、敢えて、俗語感を出したいという意図から使うこともあるかと思います。ただし、音数が合わないからというような理由で安易にサ変動詞を作る事は、やはり問題ではないかと私は考えます。仮にサ変動詞を作ったとして、それが、句の中で活きているかどうかということと、それが本来のサ変複合動詞の使い方からは外れているということの意識は必要だと思います。
 
【形容詞】について

◇ 「けれ」止め、「かり」止めの問題(スライド資料6&7)
Q 有名な句の中に、「ががんぼの脚の一つが悲しけれ 虚子」のように形容詞の已然形で終わっているものや、「春の山屍をうめて空しかり 虚子」のように連用形で終わっているものがありますが、それをどう考えればいいのでしょうか。
A まず、形容詞の「~けれ」で終わっている句についてですが、たしかにこれは形容詞の已然形です。本来は、「係り結びの法則」で、強意の係助詞「こそ」の結びとして「已然形」になっていたものが、時代が進むにつれ(文語文法の下になっているのは平安時代の和文です)、係り結びの混乱等の中から、「こそ」がなくて「已然形」で止めるという形(已然形終止とも呼ぶ)が出て来たものと思われます。室町時代の和歌にも見られるので、間違いとは言えないですけれど、敢えてこの形を選択する場合には、そういうことをわかった上で使う必要があると考えます。
次に、形容詞の「~かり」で終わっている句についてですが、詠嘆の助動詞「けり」の省略、例えばご質問の句で言えば、「空しかりけり」の「けり」が省略された形とも考えられますし、形容詞「多し」は、終止形に「多かり」を持っているので、それからの波及で「空しかり」を終止形としても使うようになった(カリ活用の本活用化)とも考えられます。これは、江戸時代にも見られますので、「~けれ」止めと同様に間違っているとは言えないと思いますが、やはり、敢えてその形をとる必要があるかどうかを考える必要があるでしょう。
 
【助動詞】について

◇ 過去の助動詞「き」をめぐる問題(スライド資料8&9)

Q 「洞窟に似し一流の毛皮店 大牧広」「白牡丹ふたつ開きし朝ごはん 黒田杏子」といった句に出てくる「し」は、過去の助動詞「き」の連体形だとおもうのですが、これらの句の場合は「存続」あるいは「完了」のような気もしますが、いかがでしょうか。
A たしかに、「き」という助動詞は、本来は過去の助動詞です。ただ、たとえば『角川 全訳古語辞典』には、「平安時代末期以後には、動作・作用が完了して、その結果が存続している意を表す用法が見られ」とあって、平安末期には、すでに「き」という助動詞を、「過去」のみならず、「完了・存続(結果存続)」としても使っていたようです。芭蕉に「蜻蜒やとりつきかねし草の上」、蕪村にも「梅ちりてさびしく成しやなぎかな」の句があって、「存続(〜している)」や「結果存続(ある動作・作用が完了して、その結果が続いている)」の意味で使っています。おそらく韻律の関係もあって、和歌などから始まった使い方ではないでしょうか。したがって、存続の助動詞「たり」や「り」が使えない時に、「き」を使うというのは認めていいと私は考えます。ただし、この使い方を嫌う歌人、俳人がいることも事実です。
 
 
以上(次項スライド資料)